ニキビ跡とは?

ニキビ跡,皮膚科,治療

 

ニキビ跡、それはニキビができてから赤いシミみたいなものが肌に残っていたり、肌の表面がデコボコになっている状態の事を言います。赤み、デコボコとしたクレーターは一度できると自力で改善させることは難しいといわれています。一生消えないこともありますのでニキビで悩んでいる人の多くの悩みでもあります。なぜニキビ跡になるのか、それは人にもよりますがひっかいてつぶしてしまったり、悪化させてしまったことが原因になることが多いようです。顔にできるとすぐに治したいと思って自分でいじってしまいがちですが、正しい治療を受けなければニキビ跡として残ってしまうことになりますので注意が必要です。

 

黄ニキビからのニキビ跡

 

黄ニキビ、これはかなり重症化したニキビです。ニキビの最後の段階で膿まで出ていたのではないでしょうか。ニキビが赤くなって腫れあがってしまって炎症を起こしていて毛穴の中にまるでクリームが詰まっているかのような膿がたまって炎症を起こした上体です。これが悪化すれば真皮にも負担がかかりますので炎症が落ち着いてからもニキビ跡につながったり、クレーターになったり、色素沈着になりシミとして肌に残ります。一度ニキビ跡ができれば自力で改善させるのはかなり大変です。黄ニキビまで悪化させることがないようにしなければいけません。

 

赤ニキビからのニキビ跡

 

赤ニキビ、これも以外とできやすいタイプのニキビです。皮脂の過剰分泌が原因でできることが多く皮膚にもともといるアクネ菌が増えることでおきるといわれています。赤ニキビはアクネ菌以外にも外で紫外線を浴びて皮脂が酸化することが原因でできるとも言われています。ほうっておくとこちらも悪化して、そしてニキビ跡につながりますので放置しておかないようにしなければいけません。アクネ菌が毛穴の壁を破って膨れんでくれば大半がニキビ跡の原因になります。そこまで炎症がひどくならないようにする必要があるのです。赤ニキビは、ついつい自分でつぶして治療をしてしまいがちですが、絶対につぶしてはいけません。絶対に荒療治をするのではなくて、きちんとした治療を受けるようにしましょう。治療を受けないで荒療治をすればニキビ跡につながることは避けられません。